So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

WordPressテーマを選んで子テーマを作る方法 [WordPress]

利用するWordPressテーマを決めたら「子テーマ」を別途作成します。子テーマとは、選択した既存のWordPressテーマ(親テーマ)の機能とスタイルを継承したテーマです。テーマのカスタマイズは子テーマで行います。

詳しくは子テーマをご確認ください。

1. 子テーマのフォルダを作成する。

親テーマ(既存のテーマ)と同じ階層(wp-content/themes)に新しいフォルダを作成します。フォルダ名は「親テーマ名-child」をおすすめします。

2. style.cssを作成する。

作成した子テーマのフォルダに「style.css」ファイルを作成し、以下の内容を参考に記述します。

/*
Theme Name: Twenty Fifteen Child
Theme URI: http://example.com/twenty-fifteen-child/
Description: Twenty Fifteen Child Theme
Author: John Doe
Author URI: http://example.com
Template: twentyfifteen
Version: 1.0.0
License: GNU General Public License v2 or later
License URI: http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
Tags: light, dark, two-columns, right-sidebar, responsive-layout, accessibility-ready
Text Domain: twenty-fifteen-child
*/

これらは親テーマからコピペし、以下の内容を変更または追記します。

Theme Name: 子テーマの名前に変更
Template: 親テーマのフォルダ名を追記

3. functions.phpを作成する。

作成した子テーマのフォルダに「functions.php」ファイルを作成し、以下のコードを記述します。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );

}

4. 子テーマを有効化する。

WordPress > 外観 > テーマ

以上、とても簡単に作成できました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WordPressのおすすめテーマまとめ [WordPress]

WordPressの既存テーマは多く配布されています。既存テーマを利用すればクオリティの高いWordPressサイトを手軽に作成することができます。

詳しくはテーマの使い方をご確認ください。

A
Annina

B
Blask

C
Catch Starter
Cenote

D
Drape

E
Elara
Executive

F
FolioPress
Fukasawa

G

H
Hive Lite

I

J
Juliet

K

L

LeanexLite.jpg
Leanex Lite


Linden Lite

M
Minimal Grid / 子テーマ
Minimal Portfolio
Monstroid2 Lite

N
Neptune Portfolio
Noah Lite

O
Oncanvas
Oren
Oria

P
Perfect Portfolio
Photozoom

Q
R

S
Seoboost
Simple Perle
SuevaFree / 子テーマ

T
U

V
VT Grid Mag

W
WP Portfolio

X
Y
Z

以上、おすすめのテーマをご紹介しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WordPressのおすすめプラグインまとめ [WordPress]

WordPressの機能を簡単に拡張できるWordPressプラグインですが、大量にインストールするとサイト表示が遅くなったりなど、サイトパフォーマンスが低下するため、最小限に必要なプラグインをインストールします。

詳しくはhetemlのWordPress便利なプラグイン8選およびプラグインをご確認ください。

【初期プラグインについて】

hetemlの簡単インストールでWordPressをインストールすると、以下のプラグインが同時にインストールされます。使用しないプラグインは(無効ではなく)削除します。

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)
Hello Dolly
PayPal Express Checkout WC4JP
SiteGuard WP Plugin
WooCommerce
WooCommerce for Japan
WooCommerce Multilingual
WP Multibyte Patch

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)

スパムコメントを自動で削除してくれるプラグインです。コメント機能を利用しない場合は削除します。

Hello Dolly

管理画面に「Hello Dolly」という曲の歌詞をランダム表示させるプラグインです。削除します。

SiteGuard WP Plugin

管理機能の保護、脆弱性の防御、コメントスパム対策など、WordPressのセキュリティを向上させるプラグインです。有効化します。

WordPressのセキュリティーを高めたいのですがどうしたらいいですか?

SiteGuard WP Pluginの使い方!WordPressのセキュリティ対策をしよう
プラグインで簡単にセキュリティ対策!siteguard wp pluginの使い方
「SiteGuard WP Plugin」の使い方と設定方法を丁寧に解説【WordPress】

WooCommerce
WooCommerce Multilingual
WooCommerce for Japan
PayPal Express Checkout WC4JP

WordPressでECサイトを構築するプラグインおよび関連プラグインです。利用しない場合は削除します。

WooCommerceのインストール

WP Multibyte Patch

WordPressの日本語(マルチバイト文字)による文字化けなどの修正を行うプラグインです。有効化します。

【導入すべきプラグインについて】

UpdraftPlus

WordPressサイトを自動でバックアップしてくれるプラグインです。

Google XML Sitemaps

XMLサイトマップを自動で作成して検索エンジンに通知してくれるプラグインです。

以上、おすすめのプラグインをご紹介しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WordPressサイトのセキュリティ対策方法まとめ [WordPress]

hetemlを利用したWordPressサイトのセキュリティ対策についてまとめています。

詳しくはhetemlのサイト改ざんの予防策およびWordPressの安全性を高めるをご確認ください。

1. パーミッションを適切に設定する。

wp-config.php 400

パーミッションの値についておしえてください。

2. ログイン画面(http://URL.com/wp/wp-admin/)にBasic認証を設定する。

アクセス制限の設定方法

3. Pingback機能、コメント機能を利用しない。

WordPress > 設定 > ディスカッション > 投稿のデフォルト設定 から以下のチェックをはずして保存します。

・新しい記事に対し他のブログからの通知(ピンバック・トラックバック)を受け付ける
・新しい投稿へのコメントを許可する

WordPressの機能を悪用したDDoS攻撃対策のお願い

4. 「.htaccess」ファイルでアクセスを制限する。

wp-config.php
wp-comments-post.php(コメント機能を利用しない場合)
wp-includes

これらと同じ階層の「.htaccess」ファイルを編集します。WordPressの記述の前(上)に以下のコードを追記します。

<Files wp-config.php>
order allow,deny
deny from all
</Files>
<Files wp-comments-post.php>
order allow,deny
deny from all
</Files>

# Block the include-only files.
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^wp-admin/includes/ - [F,L]
RewriteRule !^wp-includes/ - [S=3]
RewriteRule ^wp-includes/[^/]+\.php$ - [F,L]
RewriteRule ^wp-includes/js/tinymce/langs/.+\.php - [F,L]
RewriteRule ^wp-includes/theme-compat/ - [F,L]
</IfModule>
# BEGIN WordPress
...

# END WordPress

5. WordPress本体、テーマ、プラグインは最新バージョンにする。

6. 公式のテーマ、プラグインを利用する。

WordPressの管理画面から検索してインストールできるテーマ、プラグインは公式ディレクトリに登録されています。セキュリティプラグイン、バックアッププラグインの導入をおすすめします。

7. 使用していないテーマ、プラグインは削除する。

8. WAFの設定を有効にする。

hetemlではWAFは「有効」が初期設定です。

WAFの設定方法

9. XML-RPCを無効にする。

hetemlではXML-RPCは「無効」が初期設定です。

WordPress で XML-RPC を有効化したい

10. SSHまたはSFTP/FTPSで接続する。

SSHのご利用方法
SSH ソフトの設定とコマンド

11. WordPressダッシュボードでファイル編集を無効にする。

wp-config.phpに以下のコードを追記します。

define('DISALLOW_FILE_EDIT', true);

12. 認証用ユニークキーを変更する。

認証用ユニークキーを変更するとWordPressにログインしているすべてのユーザーを強制的にログアウトさせることができます。

認証用ユニークキーの発行

以上、とても簡単にセキュリティ対策できました。

WordPressのセキュリティ 制作者向け基本ガイド
WordPressのセキュリティ対策でしておくべき11の項目
WordPressのセキュリティ対策!自分でできる対策方法まとめ
WordPressのセキュリティ対策・チェック方法まとめ
WordPressセキュリティ対策強化の基本
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WordPressサイトをhttpからhttpsにSSL化する方法 [WordPress]

WordPressサイトをSSL(https)に対応する方法です。なお、hetemlでは無料でSSLを利用できます。

1. 以下のアドレスを「http」から「https」に書き換えて、WordPressのURLを変更する。

WordPress > 設定 > 一般設定 > WordPressアドレス(URL)
WordPress > 設定 > 一般設定 > サイトアドレス(URL)

WordPress管理画面にアクセスするURLも「http」から「https」に変更されます。

2. ルートディレクトリにコピーした「.htaccess」ファイルを編集して「http」から「https」にリダイレクトさせる。

WordPressの記述の前(上)に以下のコードを追記します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
...
</IfModule>

# END WordPress

「.htaccess」の活用方法について
.htaccess利用法
.htaccess利用法

以上、とても簡単にSSL対応できました。
タグ:wordpress SSL WP
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。